PRESSROOM

【目的別】おすすめのノーコードツールとは?〜機能や特徴を解説〜
#コラム

コーディングなしで開発ができることから、現在導入企業も増えているノーコード。

ただ、ノーコードツールを調べてみると数多くの種類があることがわかります。今回は、代表的なノーコードツールを機能や特徴と併せてご紹介します。ノーコードの導入を考えられている方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

ノーコードツールの種類

ノーコードツールの種類は様々ですが、以下がとくに代表的なツールです。

・WordPress

・STUDIO

・Webflow

・ASTERIA Warp

・Bubble

・Platio

・Adalo

・shopify

・Anyflow

他にもツールはありますが、上記のツールはユーザー数が多くネット上に載っている情報も比較的調べやすいです。

とくに、ノーコードに慣れない方はわからないことがあった際に解決方法を得やすいツールを選ぶようにするといいでしょう。

 

目的別ノーコードツールの選び方

ノーコードを使って、どのような開発をしたいかによっても使うツールは異なってきます。

上記に挙げた中では、目的によって次のような分類の仕方になります。

・Webサイト構築:WordPress、STUDIO、Webflow

・アプリ開発:Bubble、Platio、Adalo

・業務効率化:ASTERIA Warp、Anyflow

プログラミングも目的によって使う言語が変わってくるように、ノーコードツールも各々でできる内容は異なります。

慣れないうちは、目的を決める→わからないときに情報を調べやすそうなツールを選ぶという流れで選んでいくのがおすすめですよ。

 

ノーコードツールを選ぶ際に大事なこと

ノーコードツールを選ぶ際は、導入後のサポート体制をしっかり確認しておくようにしましょう。

ノーコードに限らず、Webサイトやアプリケーションは一度作って終わりではなく、定期的な修正やバージョンアップを繰り返すもの。

エラーが発生した際は迅速な対応が求められますが、そのような際のベンダー側のサポート体制がどのようになっているかも確認しておく必要があります。

ノーコードツールは海外ベンダーのものが多く、日本語でのサポートに対応していないことも。

開発やその後の対応を安心して行うために、日本語対応のツールを優先して選ぶことも大切になります。

 

まとめ

ノーコードツールにはそれぞれに特徴があり、備えている機能も異なってきます。

実現したいアイデアをカタチにするために、なにが必要になるのか?をしっかり考えてツール選びに生かしていきましょう。

ノーコードを使った開発についてご相談がある際には、お気軽に弊社までお問い合わせください。

 

    SHARE ON
UPDATES