PRESSROOM

ノーコードとは?〜コーディングなしの開発により、アイデアの実現を効率化する〜
#コラム

通常、アプリケーションを開発する場合はソースコードを書いて開発を進めていく必要があります。

ノーコードとは、そのようなプログラミング言語の記述をせずにアプリケーションを開発できるサービスのことです。

 

ノーコードのメリット・デメリットとしては以下のような特徴があります。

 

ノーコードのメリット

・プログラミングに詳しくない非エンジニアでも、アプリケーションの開発が可能

・開発から運用までを短期間で進められるため、時間とコストの削減につながる

・コーディング作業がないため、素早く効率的な開発作業が可能

・リリース後、仕様の変更などの修正作業にも柔軟に対応ができる

 

簡単に表現するなら、「プログラミングに詳しくない人でも、短期間で、かつ低コストでアプリケーションの開発を行える」という点がノーコードを使う大きなメリットになります。

 

ノーコードのデメリット

・ツール内の機能を使って開発をしていくため、あらかじめ置かれていないツールの実装はできない

・デザインなどの面で制限が出てくる可能性がある

・セキュリティ面で脆弱になる恐れがあるので、その部分を別途コーディングする必要が発生する可能性がある

 

オリジナルのデザインを作りたい場合や特殊な開発を行いたい場合は、ノーコードだとイメージした形を作りづらくなることがあります。

 

 

デメリットはあるものの、誰でも、簡単にアプリを開発できるノーコードはこれからのビジネスにおいてますます必要とされるツールとして注目されています。

弊社では、ノーコードを使ったWebサービスの開発を行っております。ユーザーの満足するシステムを迅速に提供したいなどのご要望がありましたら、ぜひ一度お問い合わせください。

    SHARE ON
UPDATES